読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畑恵 ブログ

畑恵のブログです

虹色の帯たなびく~石清水八幡宮 参詣奇譚

f:id:hatakei:20170321143333j:plain

眼前の景色がすべて“虹色の帯”に包まれる―弥生のはじめ、京都・石清水八幡宮へ参詣の道すがら、そんな光景に遭遇しました。

ところは、名神高速を降りた大山崎町。このあたりは木津川、宇治川桂川という3つの一級河川が出合い、一気に淀川へと流れ込んでいくきわめつけのパワースポットで、天下分け目の合戦として知られる、明智光秀豊臣秀吉による「天王山の戦い」が繰り広げられた地でもあります。

この日の空模様も朝から不思議なものでした。

京都を出立する際は雲一つない快晴。そして名神高速を走り出すと、ところどころ白い雲が飛んでいるものの上空は蒼天、にもかかわらずフロントガラスには細かな雨粒がかかってきます。

いわゆる「狐の嫁入り」と呼ばれるこの天気。神聖な場所、特に水や龍神にかかわる神を祀る場ではそれが理想的だと、私は信じています。誰に教えられた訳でもなく、ただ自分の経験則に基づくだけの話ですが、昇殿や祭祀開始の前にサーッと細かな清めの雨が降り、昇殿や祭祀開始あるいは祝詞奏上の直後にパッと晴れ上がる、そんな天気にこれまで幾度も出会って来ました。

ですからこの日も同乗者には、「きっと石清水八幡宮に着いたら晴れるからね。」と、宣言していました。

ところが高速を進むにつけ雲は厚さを増して行き、大山崎ジャンクションが近づく頃には北の山々に黒雲がかかり、麓では時雨れているようでした。

高速を降りても陽が差す様子はなく、元々この辺りは湿地のせいか周囲の大気はくぐもったままです。しばらく西に走り石清水八幡宮が鎮座する男山へと車が左へハンドルを切ろうとしたその時、急に向こうに見える山並みが七色に染まって見えました。

虹でしたら空にアーチを描くわけですが、そうではなく7色の太い帯が地平線と並行にたなびいて山並みを包んでいるといった様子です。

天文学的には「環水平アーク」という現象のようで、地面近くに滞留した水蒸気がスクリーンの役目を果たし、一時的にプリズム現象が起きたのだと推測されます。

とは言え、遠くの空に真っ直ぐな虹が浮かんで見えるというのではなく、目の前の景色全体がオーロラのような7色の帯に染め上げられているのですから、思わず息を飲み目を丸くしました。

自分一人だけなら、幻覚でも見ているのかと思うほど鮮やかな虹色でした。ただ、同乗者も皆この光景を目撃し興奮しているので、夢ではないことがわかりました。急いでスマホを取り出しシャッターを切ったものの、走行している車から窓も開けずに撮影した画像では、実際に味わった感動の100分の一ほども捉えることができず残念です。


(後略)

全文はこちらをご覧下さい。

ameblo.jp

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい…

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング

「森友学園」問題の徹底した全容解明を ~政官民癒着による思想統制教育を許すな

東日本大震災の惨禍から、丸6年の時が流れました。

今なお、避難者は約12万3千人に上り、仮設住宅での暮らしを余儀なくされている被災者は3万5千人を数えます。

大震災後も平穏無事に暮らしている自分は、3月11日というこの日にいかなる使命を与えられ今なおこの世に生かされているのか。

そう考えた末に私は、教育という仕事に現在携わる者として、また国政に国会議員として携わった者として、森友学園をめぐる一連の問題について、できるだけ率直に言及することを決めました。

≪「森友学園」問題の本質≫

強烈なキャラクターを持つ籠池泰典理事長という人物にマスコミの注目がとかく集まりがちな「森友学園」問題ですが、その本質は違うと思います。

この問題の核心、それは虚偽と不備と偏向のオンパレードである森友学園に対し小学校設置の許認可を与え、国有地を破格の安さで払い下げた大阪府や政府、そしてそれを陰で主導あるいは加担した政治家たちという政官民の癒着構造。

しかもその志向する先には、子どもたちが自分の心で感じ、自分の頭で考え、自分の価値観に基づいて自ら判断し、自分の意志で行動する主体性や自律性を否定する「思想統制教育」を日本で実行しようという目的が存在しています。

森友学園についての報道を見るにつけ、そもそもどうしてこのように大きくバランスを欠いた思想を持つ団体が「学校法人」として認可されたのか、一私学経営者としては理解に苦しみます。

虚偽に虚偽を重ねた申請内容、不安定な財務状況、持論を一方的に主張するだけで質問には応じず、過ちはすべて他者のせいにし嘘八百を並べ立てる籠池泰典理事長の言動、幼稚園児に安保法制を礼賛し隣国を攻撃し貶めるような言葉を暗誦させ、教育勅語素読させる著しく偏向した教育内容etc.

遂には、補助金の不正受給も疑われています。

学園は、新設中の小学校校舎の建築費として国交省に事業費23億8400万という契約書を提出。その結果これまでに5650万円の補助金(つまり私たちの血税)が国庫から学園に支払われています。

その一方、設置認可申請を提出していた大阪府の私学審議会には、学園の財政負担を少なく見せ認可が下りやすくするため7億5600万円という契約書を提出。更には、騒音対策の助成金申請のため関西エアポートには15億5千万円の契約書を提出、と同じ日付で3種類の契約書を使い分けていました。

籠池理事長は小学校の設置認可申請を取り下げ、理事長を辞任する意向を示しているようですが、補助金の不正受給に関する疑惑は理事長退任で済む問題ではありません。

また理事長を退任しようとも、一連の森友学園をめぐる疑惑の中心人物であることに何ら変わりはないのですから、国会は参考人として籠池氏を速やかに招致すべきです。

(後略)

全文はこちらをご覧下さい。
ameblo.jp

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい…

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング

散華 ~魂を救う イワイ ジュンの世界

f:id:hatakei:20170223121133j:plain

今年の誕生日に贈られた一束のブーケ。

フラワーアーティスト イワイ ジュン氏が季節の花々とともに織りなす世界は、“花”という存在がこんなにも人の心を癒し、時として魂を救済するほど偉大な力を持つことをいつも確信させてくれます。

今回のブーケの主役は、ホワイトとピンクのラナンキュラス。花冠の中央が淡いグリーンの花はスカビオサです。あしらいに薄紫のハーデンベルギア、雪柳、そして真っ白なスイトピー。

f:id:hatakei:20170223121217j:plain

妖精たちが飛び交うように愛くるしい雪柳は、ほころびかけの梅花がそこはかとない芳香を漂わせるが如く、さりげなく上品に薫ることを初めて知りました。

とびきりの初々しさや透明感に溢れながら、気品と愛らしさを併せ持ち、

f:id:hatakei:20170223121314j:plain

にもかかわらず何処か艶めかしさも秘め、それでいて凛とした品性と清潔感は微塵も揺らぐことはない―

f:id:hatakei:20170223121341j:plain

そんな理想の女性像を、岩井先生はこのブーケに託して下さったのかもしれません。


(後略)

全文はこちらをご覧下さい。

ameblo.jp


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい…

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング

如月 瑠璃に耀く九頭龍神社月次祭

f:id:hatakei:20170220122521j:plain

箱根 芦ノ湖の畔に鎮座する九頭龍神社。その本宮は、容易(たやす)く人を近づけてはくれません。

山深いその立地ゆえ、通常の参拝にはボートをチャーターして近くの桟橋まで近づくか、あるいはバスを乗り継いだ先に続く徒歩のみ進入が許される山道をずっと歩いて行くしかありません。

だからこそ保たれる御山と湖水の霊気と神秘性が多くの人々を魅了し、近頃では屈指のパワースポットとして人口に膾炙するところなりました。

ただ、月次祭が催される毎月13日だけは元箱根から参拝船が渡ることもあって、全国各地から大勢の方々が訪れ、狭い境内は人、人、人で溢れかえります。

縁あってもう5年ほど参拝を続けていますが、誕生日を直前に控えた2月13日、月次祭に列席させていただきました。

毎年2月の月次祭は積雪に見舞われることも多く、その場合は箱根神社にある九頭龍神社 新宮で祭祀が執り行われるのですが、今年は風もなく穏やかな快晴に恵まれました。

以前には毎月月次祭に伺っていた時期もあり、四季折々での御祭祀を体験させていただいたつもりですが、この日の九頭龍様のご機嫌はことのほか麗しく、これほどまでに碧く澄み切った湖水を眼前にするのは初めての事でした。

f:id:hatakei:20170220122623j:plain

(後略)

全文はこちらをご覧下さい。
ameblo.jp


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい…

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング

春陽に寒桜ほころぶ

昨日の麗らかな陽気に気を良くしてか、庭の寒桜が例年より少し早めにほころび始めました。

f:id:hatakei:20170213153454j:plain

見上げると、もう随分と咲き揃っている枝もあるものの、全体としてはまだまだ1分咲といったところでしょうか。

f:id:hatakei:20170213153545j:plain

その証拠に、メジロヒヨドリといた花喰鳥たちも、未だ参集しておらず、枝を揺らすのは猛然と吹きつける寒風ばかり。

(後略)


全文はこちらをご覧下さい。
ameblo.jp


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい…

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング