畑恵 ブログ

畑恵のブログです

新春を寿ぐ銘菓~亀末廣『京の十二月』〔前編〕

史上最強クラスの寒波に震え、大雪に翻弄されている内、いつの間にやら一月も今日で終わり。

もう幾つか寝ると節分、その翌日には立春と、暦の上では新たな春がスタートします。

そんな新春を寿ぐ、とっておきの銘菓をご紹介します。 京都の菓子司「亀末廣」の謹製『京の十二月』。

12ヶ月毎の季節の移ろいを、京の都の風物詩とともに表現しているこの御菓子は、毎年、宮中の歌会始にも献上されるという逸品。

どれも干菓子ですから、もちろんすべて食べられるわけですが、あまりに美しく、なかなか口に運ぶ気になれないのが悩ましいところ。

上品で透明感のある甘みがとても美味しいので、今年こそ湿気ない間に食べよう!と思うのですが、ためつすがめつしている間に、ほぼ全容が変わらぬまま一年が過ぎ去ってしまいます。

各月の御菓子には、掛けられた薄紙に記された通り、それぞれ“銘”が付されています。

この銘を頼りに、その月の御菓子が何を表し、どのような世界を描いているかを紐解いて行くプロセスが、何よりの楽しみでもあります。 

ただ、もっと自分に京都についての知識や古典の教養があれば、もっと深い美意識を理解でき、感動も深まるだろうにと思うと、ちょっと口惜しい気持ちにもなります。

新年を祝う特別なお菓子のため、製作は年末のみ。また、とても繊細なその造作ゆえ配送はできず、姉小路通から烏丸をちょっと東に入った亀末廣さんまで、受け取りに伺わねばなりません。



ちなみに亀末廣さんの店構えは、京の町屋の中でも格別な歴史の重みと風情を感じさせてくれますから、お店まで足を運ぶ価値は十二分にあります。

ただ、この御菓子の申し込み締切は受け取りの約3ヶ月前と早いので、購入を希望される方はどうぞお気をつけください。




亀末廣は、文化元年(1804)創業。江戸時代には徳川家が宿館とした二条城に、また、都が東京に遷るまでは、御所にも菓子をおさめる老舗となりました。

お店の印にあしらわれた、末広(扇子)にカメさんも実に愛らしいですが、菓子箱を包む金茶の風呂敷に染め抜かれた、亀枠に“すゑひろ”の文字もなんとも粋で、見惚れてしまいます。。。

 

京の都の底力、奥深さを静かに教えてくれる逸品です。

それでは、『京の十二月』を一月から順に見て参りましょう。

(後略)

全文はこちらをご覧下さい。
ameblo.jp


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい…

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング

寒紅梅の如く〜厳冬に先駆けて咲かん

f:id:hatakei:20180116153806j:plain

新年あけましておめでとうございます。

新春の風に早(はや)その香を託すかの如く、京都 北野天満宮から作新学院に寄贈された御神木「寒紅梅」が、愛らしい紅をほころばせ始めました。

北野天満宮は、菅原道真公を御祭神として祀る全国約1万2000社の天満宮、天神社の総本山。

境内・敷地には、道真公ゆかりの梅50種約1,500本があり、花の時期には約2万坪の境内一円で紅白の梅が咲き競います。

その北野天満宮様から昨年、学院創立130周年を記念し設立した「作新アカデミア・ラボ」の竣工を祝い、四体の御神木(梅木)が下賜されました。

菅原道真公と言えば学問の神様。

しかしながら北野天満宮から御神木が学校に寄贈された例は滅多になく、富士を越えての東下りはもちろん今回が始めてのことだそうです。

贈られた御神木の先陣を切って、高貴で愛らしい花を咲かせてくれた寒紅梅。

道真公は、崇敬する人たちからは「菅公(かんこう)さん」と呼ばれ親しまれていますが、その名を冠す寒紅梅は、文字通り他の梅木に先駆け寒中に紅色の八重咲花を咲かせます。

それにしても、12月下旬からの開花は些か早過ぎるのではと思い、天満宮にご報告したところ、

「当地は本年、殊の他寒冷であるのか、まだ一輪たりとも蕾も結んでおりません。それはもう驚きで、学院の瑞兆に他なりません。」

と、送り出した御神木の順調な生育の証である開花を寿いで下さいました。

実はこの寒紅梅、一目見た瞬間から、精霊と言うか、何かただならぬ神性が宿っているのを直感しました。

(後略)


全文はこちらをご覧下さい。
ameblo.jp


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい。

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング

柴犬 時晴(ときはる)が行く! 〜初めてのイルミネーションの巻

f:id:hatakei:20171215130336j:plain

こんにちは、時晴(ときはる)です!

早いもので、もう12月…

ということで、お散歩コースの表参道で始まったクリスマスイルミネーションを、初めて見に行きました!

f:id:hatakei:20171215130409j:plain

毎年恒例の表参道イルミネーション。

11月30日に点灯式が行われ、今年はなんと10万個以上の電飾が輝いているそうです!

ただ、ボクももうじき11ヶ月。体格はもうすっかり成犬なので、ママに抱っこされての撮影は一苦労💦

f:id:hatakei:20171215130504j:plain

でも、パパとではいま一つ盛り上がりません。

f:id:hatakei:20171215130531j:plain

とにかく、この日は日曜日だったので、表参道はどこも人、人、人で一杯!

うーん、なんかすごく落ち着かない…


(後略)

全文はこちらからご覧ください。
ameblo.jp


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい…

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング

菊華咲き誇る 秋の園遊会

f:id:hatakei:20171122113127j:plain

澄みわたる青空の下、天皇皇后両陛下主催による秋の園遊会が、11月9日赤坂御苑で催されました。

昨年は三笠宮崇仁殿下の御逝去により、秋の園遊会が中止となったため、菊花や紅葉に彩られた赤坂御苑を歩かせていただくのは久方ぶり。

そして、今上陛下(明仁天皇)のお招きによる園遊会も、残すところあと2回。

折からの“神渡し”の風に、都会の塵芥が吹き払われたことも相まって、目に映るものすべてがいつになく光輝き、ひときわ愛おしく思えました。

f:id:hatakei:20171122113153j:plain

このところの朝晩の冷え込みが幸いしてか、御苑の紅葉は例年にない鮮やかさで、菖蒲池の水鏡にうつる雅楽団は錦絵の如き美しさ。

またここ数年、秋の園遊会に飾られる菊華も、今年はことのほか玲瓏として高貴で、うっとりと見惚れてしまいました。

f:id:hatakei:20171122113229j:plain

(後略)

全文はこちらをご覧ください。
ameblo.jp

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい…

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング

山中伸弥氏 『教育対論』 ~未来を拓くということ~〔3〕

f:id:hatakei:20171109154930j:plain

【対談を終えて】
 

「獅子搏兎(ししはくと)」(獅子は兎を捕えるにも全力を尽くす)。
 
対談を終えての率直な印象です。
 
山中先生には、科学技術政策を通じこれまで10年に亘りお話を伺ってきましたが、印象は常に優しく穏やか。ところが今回、対談開始から凄まじい集中力で一つひとつの質問に真剣に答えてくださる姿は、鬼気迫るほどで圧倒されました。
 
どんな些細なことにも全身全霊で取り組む生きる姿勢こそがノーベル賞を引き寄せ、世界の最前線を走り続けさせるのだと実感しました。
 
日本の教育にイノベーションを起こす“先駆者”たらんというアカデミア・ラボの志。その達成には、ひたすらの獅子奮迅が不可欠であることを、山中先生から教えていただいた貴重なひと時でありました。


※ 『作新学院アカデミア・ラボ コンセプトBOOK』掲載の対談記事は、次のアドレスからご覧いただけます。

http://www.sakushin.ac.jp/taidan02.pdf

f:id:hatakei:20171109155042j:plain


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい…

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング