読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畑恵 ブログ

畑恵のブログです

甲子園優勝 小針崇宏監督インタビュー[2]

この夏、甲子園で作新学院を54年ぶりの全国優勝に導いた小針崇宏監督へのインタビュー、その後篇です。

f:id:hatakei:20161012113229j:plain

33歳の若さで甲子園優勝を果たした小針監督は、実は私が作新学院に着任して初めて送り出した卒業生でもあります。小針監督自身、高校2年生の時に春の選抜で甲子園に出場。当時から、野球と学業双方での有能ぶりはつとに有名でした。

筑波大学に進学した彼が母校に戻って教諭となり、硬式野球部の監督に就任した時の感慨は今も忘れることはありません。

教育に携わる者すべてにとって、教え子が幸せな人生を送っているのがまず嬉しく、活躍してくれたらなお嬉しく、母校に戻り同じ志をもって教育に取り組んでくれたら、それは何より嬉しいことです。

ですから、母校に戻ってきてくれた教え子が甲子園優勝監督になってくれたという喜びは、言葉には表しがたいものがあります。

f:id:hatakei:20161012113242j:plain

教諭となり監督となってからも、どうしても教え子という思いが先に立ち、これまで小針監督には誰よりも厳しく口うるさく接してきたと思います。
若くして世の中から評価されると、本気で叱ってくれる人がいなくなってしまう―その不幸を自分自身が人生で味わってきただけに、どんなに本人から嫌われても、私だけは小針監督にダメ出しをし続けられる存在でいようと肝に銘じてきました。

小針監督のお蔭でこれまで、いっぱい喜び、いっぱい怒り、くやし涙からうれし涙までいっぱい涙を流し、私の学院での人生はとても豊かなものとなりました。

今回はじめてゆっくりと小針監督と話す機会を得て、監督の目指す野球と作新の目指す教育、それぞれの理想像が描くベクトルはまったく同じであることを実感しました。

もちろん、全国優勝を成し遂げる上で一番のエンジンとなった抜群の「チーム力」を、小針監督がどのように作り上げているのか、その緻密な信頼構築術とその実現に向けた不断の努力、尽きせぬ情熱も必読です。

作新野球とは即ち、作新の「人間力」教育そのものであることを、このインタビューからご理解いただけると幸いです。


(後略)

全文はこちらをご覧下さい。
甲子園優勝 小針崇宏監督インタビュー[2]|畑恵オフィシャルブログ



にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング