読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畑恵 ブログ

畑恵のブログです

甲子園優勝 小針 崇宏 監督インタビュー [1]

今夏、33歳の若さにして甲子園優勝を果たし、栃木県に54年ぶり深紅の大優勝旗を奪還した作新学院硬式野球部 小針崇宏監督は、同校の卒業生でもあります。

自身も2000年の春、2年生ながらチームの主力選手として甲子園に出場。その一方、学業でも常にトップクラスの成績を修め、卒業後は筑波大学に進学。最新の科学研究データに基づき人間性に富んだ指導理論を専攻しました。

2006年、体育科教諭として母校に戻り、その夏から監督に就任、高校野球史上最年少の26歳でチームを甲子園に導きました。監督として10年という節目を迎えた今年、6夏連続甲子園出場を決め、“全国優勝”という夢を実現させました。

先日、そんな小針監督に学院広報誌『作新の風』第58号(10月28日発刊予定)掲載のためインタビューを行いました。本ブログではこの夏の甲子園での秘蔵写真とともに、前篇・後編のスペシャルバージョンで先行配信します。

f:id:hatakei:20161004111636j:plain

―甲子園優勝、その最大の勝因とは― 

畑  今年の夏は、卒業生の萩野公介選手の金
   メダル獲得に始まり、リオから甲子園へ
   と世界規模で”作新の風”が吹き起こり
   特別な夏となりました。
   あらためて、優勝おめでとうございます。
   
小針 ありがとうございます。

畑  率直なお気持ちとして、優勝の実感は
   いかがですか。

小針 正直、これだけたくさんの学校関係者や
   地域の方々、栃木県民の皆さん方に、
   こんなにも喜んでいただけるとは思って
   いませんでした。優勝できて本当に良か
   ったと感じています。

f:id:hatakei:20161004111711j:plain

(後略)

全文はこちらをご覧下さい。
甲子園優勝 小針 崇宏 監督インタビュー [1]|畑恵オフィシャルブログ



にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング