読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畑恵 ブログ

畑恵のブログです

甲子園優勝旗に刻まれた言葉 ~“Victoribus Palmae(勝者に栄光あれ)”の真意

f:id:hatakei:20160907105300j:plain

深紅の大優勝旗」―夏の甲子園の優勝旗はそう呼ばれます。甲子園に関わる者にとってその存在は、言わば“御神体”であり、直視することも触れることも憚られる特別のオーラを放っています。

ちなみに、春の優勝旗は「紫紺の大優勝旗」。夏は優勝旗しかありませんが、春の選抜大会には準優勝旗もあります。

深紅の旗に描かれているのは、両翼を大きく広げた鳥(おそらく鳩と思われるものの、くちばしと眼光は鋭い)と“Victoribus Palmae”の文字。ラテン語で「勝者に栄光あれ」を意味しますが、春の優勝旗には“Victory”としか描かれていないそうです。

一人の勝者が誕生する陰には、何百、何千、何万という敗者が存在します。「勝者に栄光あれ」という言葉は、そういう意味で大変重く、また同時にきわめて厳しい言葉だと思います。

(後略)


全文はこちらをご覧下さい。
甲子園優勝旗に刻まれた言葉 ~“Victoribus Palmae(勝者に栄光あれ)”の真意



にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング