読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畑恵 ブログ

畑恵のブログです

国民の幸福を守れる「憲法」とは ~公布70年の年 憲法記念日に思う

f:id:hatakei:20160504185959j:plain

今日5月3日は69回目の憲法記念日。5月3日は憲法の施行日ですので、この11月3日には現憲法が公布され70年を迎えることとなります。

今回の憲法記念日は、夏の参院選に向け憲法改正が争点となっていることもあり、憲法に関する報道の件数は明らかに増えています。ただその大半は、日本国憲法を一指も触れてはならぬ“不磨の大典”とするいわゆる護憲派と、現在の立憲的憲法を戦前の欽定憲法に回帰させかねないいわゆる改憲派という、きわめて両極端な主義主張の両論併記に過ぎません。

こうした“いわゆる”護憲派改憲派の人々の主張や行動は、一般大衆つまりサイレント・マジョリティーからは、どちらもきわめて遠い存在に感じられます。両極端で教条主義的な主張の報道がなされればなされるほど、一定のバランス感覚を持ちながら現実的に物事を考え行動したいと思う普通の人々は、憲法論議への参加をためらってしまいます。

日本国憲法に誇りを持ち今後も大切に堅持して行きたいからこそ、9条二項のように現実との乖離があまりに著しい条文について、このまま放置しておいて良いのかと疑問を抱く人もいるでしょう。

また安全保障関連法制をめぐる経緯で示されたように、時の政権によって為される“解釈”によって事実上の改憲が歯止め無く、なし崩しに行われて行く危険があるのなら、法律に則り白日の下で正当な手続きを踏んで憲法改正が行われる方が健全と考える人もいるでしょう。

にもかかわらず、憲法にまつわる報道の多くがこの期に及んで、なお護憲改憲かという乱暴な切り分けから脱することなく、「国民の幸福に資する憲法はいかにあるべきか」という議論の本質からかけ離れた、不毛な神学論争を上書きしているに過ぎないことは、残念に思えてなりません。

続きはこちらをご覧ください。
国民の幸福を守れる「憲法」とは ~公布70年の年 憲法記念日に思う|畑恵オフィシャルブログ


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい…

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング