読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畑恵 ブログ

畑恵のブログです

遂にアフリカへ運動靴が到着! ~「アフリカ1万足プロジェクト」タンザニアからの報告

被災された熊本・大分の皆さんへ、支援物資をどうやって届けようかとバタバタしていたところ、全国の皆さんからご協力いただいた「アフリカ1万足プロジェクト」で回収された運動靴が、遂にアフリカの子どもたちに届いたという一報がタンザニアから到着しました!

f:id:hatakei:20160425215244j:plain

靴が履けないアフリカの子どもたちに、日本で廃棄処分となった運動靴を集めて贈ろう、と始められたこのプロジェクト。作新学院の生徒たちにより足かけ3年をかけて集められた1万4,705足は、昨年11月末にアフリカ各地へと旅立ちましたが、一足早くタンザニアの「さくら女子中学校」に到着、生徒さんたちに履いてもらうことができました。

f:id:hatakei:20160425215301j:plain

「さくら女子中学校」は日本からのODAと民間からの寄付により作られた全寮制の中学校で、キリマンジャロを臨むアルーシャ州パンガタ村に、今年1月23日に開校しました。私も微力ながら建設をサポートさせて頂いてきたので、真新しい制服姿の第一期生が、日本から贈られた運動靴を少しはにかみながらも嬉しそうに履いてくれている写真を見た瞬間には、込み上げてくるものがありました。

f:id:hatakei:20160425215316p:plain

アフリカの多くの国々では、義務教育として女子が学校に通えるのは小学校までで、大半の女性が十代半ばで結婚をさせられ、沢山の子どもを産み、貧困の内に一生を終えます。

より高度な教育の機会を女子に与え、多産などによる貧困の連鎖を断ち切り、国を支える中核人材、あるいはリーダーとして育成してゆくことが、国や社会の繁栄や安定をもたらす―そんな先進国では至極当然のことが、発展途上国では社会的慣習や宗教的背景により今も実現を阻まれています。

日本の支援によりタンザニアに設立された「さくら女子中学校」で行われる教育の特色は、主に二つあります。

一つは、日本ならではの秩序ある生活習慣やきめ細かい心遣いを身に付けさせること。毎朝6:30起床で、ラジオ体操も行っているそうです。

f:id:hatakei:20160425215330j:plain

続きはこちらをご覧ください
遂にアフリカへ運動靴が到着! ~「アフリカ1万足プロジェクト」タンザニアからの報告|畑恵オフィシャルブログ


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい…

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング