読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畑恵 ブログ

畑恵のブログです

“サクラ咲く” ~別れが気づかせてくれたこと

f:id:hatakei:20160406195829j:plain

満開の桜の下、新年度がスタートしました。

愛犬タンタンのフォトフレームと、彼が首にしていたストラップを携えて外出する―そんな生活にも、もう随分と慣れてきました。

f:id:hatakei:20160406195849j:plain
f:id:hatakei:20160406195903j:plain

3・11の訃報には、沢山のお見舞いとお悔み、そして励ましのコメントをありがとうございました。アクセスは遂に1万件を超え、あらためてタンタンの犬徳(?)と親孝行ぶりに感心させられた次第です。

タンタンとの別れは、私に多くの“気づき”をもたらしてくれました。

そして、その気づきのお蔭で、前よりも少しだけ心を柔らかく保てるようになった気がします。

ほころび始めた花々やさんざめく鳥たち、見慣れた街並みや車窓からの風景、日頃職場で顔をあわせている人々、そしていつもそばにいてくれる家族。

そうした何気ない人々や物事が、本当はどれだけ愛おしく、慈しむべき存在であったのか。

最も愛するタンタンを突然に失って、やっと気づけた気がします。

どうでもいいことに腹を立てたり、どうでもいいことに意地を張ったりしてる間に、何より大切なものを失ってしまった自分。

目先の意地やプライドや立場や義理など、どうでも良いことにかかずりあっている内に、一番大切なものを失ってしまった自分。

次の瞬間、すべては消えてしまうかもしれないとわかっていたなら、先のことなど思い煩わず、もっとタンタンと一緒にいてあげればよかった。

もっと笑顔を見せて、もっとキスをして、もっと抱きしめてあげればよかった。

でももう今となっては、何をどれだけ後悔しても、あの幸せな時間は戻ってこない。

そうであるなら、今、自分の目の前にあるすべてを精一杯愛(いつく)しみ、今こうしてあることに心から感謝して、一瞬一瞬を大切に生きよう。

素直にそう思えるようになりました。

すると不思議なことに、周囲の様々なことがサラサラと水が流れるように、順調にはかどるようになりました。

創立から131年目の作新学院は、昨年度より200名増の1,549名の新入生を迎え、新たな歴史の一歩を踏み出させて頂くこととなりました。

続きはこちらをご覧ください
“サクラ咲く” ~別れが気づかせてくれたこと|畑恵オフィシャルブログ


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい…

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング