読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畑恵 ブログ

畑恵のブログです

過激極右&革命的左派が圧勝 -反エスタブリッシュ旋風渦巻く米大統領選の憂鬱

f:id:hatakei:20160213132434j:plain

米国大統領選挙の候補者指名争い第2戦、序盤のヤマ場となる予備選が、2月9日ニューハンプシャー州で行われました。

結果は、共和党が不動産王にして「暴言王」のドナルド・トランプ氏、民主党は「民主社会主義者」を自称し“政治革命”を呼びかけるバーニー・サンダース上院議員が、ともに2位の候補に約20ポイントもの大差をつけ圧勝。共和党の主流派候補や、民主党の本命とされるヒラリー・クリントン国務長官を大きく引き離しました。

前回のブログで「混迷の時代こそ“中庸”なる政治を」とタイトルを打ち、「反動的で復古的な保守にも、現実を見失った理想主義にも、人類の明日はない」と明言した者としては眩暈がしそうな結果でありますが、ポピュリズムと反エスタブリッシュメントが吹き起こす旋風が日毎に遠心力を増し、政治を“中庸から極端へ”と向かわせていることは厳然たる事実のようです。

もちろん、35年に及ぶ政治経験を持ち、市長から下院議員そして上院初の“社会主義者”議員となったサンダース氏を、トランプ氏と同列に扱っている訳ではありません。


続きはこちらをご覧ください。
過激極右&革命的左派が圧勝 -反エスタブリッシュ旋風渦巻く米大統領選の憂鬱|畑恵オフィシャルブログ


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい…

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング